収益のための集客の戦略支援

自分の農園を知ってもらうためには、まずは集客が必要。
それは、ただ情報を発信すればいいのではありません。

なぜ農業をしているかの明確なコアな部分の発信が必要です。

    • バイヤーに対しての信頼を得るために
    • こだわりの農法実現のために
    • 農業ライフを楽しむために
    • 観光農園として

これらを実現して、ターゲットのお客様を集客するには、どのような戦略・戦術(why.how)が必要です。

ビジネスマッチからのバイヤーとの契約のためにも

卸先が様々広がる農業ビジネス。
ビジネスマッチでバイヤーと契約が出来て、中間流通に農産物を流せるようになると展開が広がります。

地元の商工会議所で主催しているものもあります。

WEBアクセス集客での戦略

WEBを活用して、農園へのアクセスを増やすのも戦略の一つです。

ホームページ活用・SNS活用・一体型活用

訳あり特産物をSNSで発信して、消費者が直接農園に取りに来させることを行っている農家さんも出てきています。

観光農園としての集客

「〇〇刈り」は、検索の観光キーワードとして、圧倒的に人気のキーワードとなります。
あなたの観光農園が、スマホで検索した時に、「グーグルマップ」に登録になっていますか?
SNSでの発信方法やWEBでの情報コラム発信が重要となります。

また口コミの発生も大切な集客の手段です。

全国対応のネットショップでの集客

「朝どり農家直送」はネットショップでも人気のコンテンツ。
自分で全国へ自慢の商品を売ってみてはどうですか?

農家さんにとっての最良プランでの制作を行います。
ブログ発信型のネットショップです。

広告戦略もありかもです

6次化で開発した商品などは、もしかしたらネット広告戦略も必要かもしれません。

開発しただけでは、商品は売れません。最悪、助成金を頂いて開発しても、売れ残りを多く発生して、赤字を招く恐れがあります。

ネットショップに限らず、観光農園、農家民泊、農家レストラン等、新しい農業収益をお考えの方は、広告戦略を考えてもよいかもしれません。

農業専門の情報発信サイトを運営しています

弊社では、農業専門の情報発信サイトを運営しています。
リンクは有料ですが、弊社で作成のサイトに関しては、無料で掲載致しています。

下記サイトは、農業でWEBを活用している情報発信サイトです。

コンテンツ

コンサルお申し込み

山形の農業をされている方限定のお話です。 私は、山形よろず支援の経営相談員であり、 同時に山形県農業経営相談所「登録アドバイザー」にもなっています。 尚、農業の技術的なアドバイザーではありませんので、ご了承下さい。 経営、営農、販促を中心とした相談員です。 よろずを窓口に相談を頂くか、農業普及センターを窓口に相談を頂くか、 どちらでも構いません。 どちらも農家さんの負担はなく、無料となります。 どうぞ「農業TOC」に興味があり、農業経営改善をお考えの農家の方 ご利用下さい